<< one day フリーマーケット終了 | main | イタリアン食材のグラタン >>
My Chemical Romance  "Welcome To The Black Parade"
このところずーっと聴いている曲があります。
My Chemical Romanceの "Welcome To The Black Parade"。
毎日数十回、この曲だけをヘビロテ、、、、
PCで、車のiPodで、iphoneで、、、どこにいても聴いています。感動がいつまでも継続しているなんて
世の中にごまんとある曲に紛れてしまいそうな、どうという曲でもなくもないですが、これが全然飽きないんです。ツボでした。




そして曲の和訳でまた感動

[ 僕が子どもの時お父さんに、マーチングバンドを観に町へ連れて行ってもらった。
その時お父さんは言った。「おまえが大きくなったら傷ついた者たちの救世主になってくれるかい?」…]
お父さんの言葉を背負い、傷ついて死にゆく者たちの救世主になった"僕"は歌います。
「信じてほしい、あなたが死んでも記憶は受け継がれる(carry on)」
「残された者は疲れても歩み続ける(carry on)」…

という内容の曲です。(かなりはしょってる)


PVの完成度がとても高いです。インパクトがあってこれにも遣られました
PVの内容は、若くして死んでゆく患者が死の淵に立って不思議なブラックパレードに遭遇し、メダルをもらって無事死の世界に旅立つという構成です。
もちろんそのBlack Paradeの先頭で歌うのは、救世主になった"僕"と 率いるバンドなのです
というdramaを通じてMy Chemical Romance(マイ ケミカル ロマンスマイケミ)が演奏してメッセージを発している訳です。


私が好きなB'zの曲も、同じ楽曲を何度も繰り返して聴きます。
最初は感動して何度も聴きますが、次第にベースやコーラスやキーボードなど、後ろで鳴っている音を探るために繰り返し聞きとるようになっていきます。
この曲は純粋に楽曲を楽しむために何百回も聴いています


マイケミの他の曲も聴いてみましたが、ドキッとしたのはもう1曲ぐらいでした。
エモパンクはほとんど聴かないジャンルですのでそんなになじみのない中、このWelcome To The Black Paradeは「死」というイメージ以外はパンクっぽくもなく、メロディアスで他の楽曲とは違う印象です。巡り会えて本当にlucky

この曲の情報源の息子は、自分がチョイスした曲を私が気に入ったことに対してすごく喜んでいましたが、こればっかり聴いている私を見て、「病気だね」と一言
主人は「(前はB'zばっかり聴いていたので)浮気してるねぇ」と一言
まあ、皆さん放っておいてくれますが

押しつけのような記事をここまで読んでいただき、ありがとうございます。
放っておいてくださいね









| 日常 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:28 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://capuchitto.jugem.jp/trackback/389
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

SPONSORED LINKS

CATEGORIES

SELECTED ENTRIES

LINKS

PROFILE

じゅーーすにメッセージを送る

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

食べログ

MOBILE

qrcode

SEARCH