スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
TWININGS lapsang souchong (トワイニング ラプサンスーチョン)
前回の記事でも書きましたが、おかげさまでここ3か月ほどずっと忙しいです。

毎朝飲む紅茶が切れました
フレーバーティーやミルクティー用の茶葉はいろいろ残っていますし、先日頂いたLUPICIAの紅茶も大事にちょっとずつ楽しんでいますが、朝食にはオーソドックスなストレートティーが欲しいです。
定番のアッサムタイガーを買いに名古屋市千種区覚王山のえいこく屋へ行くと車で片道40〜50分かかります。
さっさと行けばいいのに、こう忙しいと出かけることに対して精神的に負担を感じます。
自分でも ちょっと余裕ないな と思ったりもしますが、申請書類の締め切りは間近ですし 夕べも夜から日付をまたいで現場でした 
まして木工製作を始めるととてもストイックになり、紅茶を買いにゆくどころではなくなります。(木工製作のこういう精神状態は悪くないと思っています)

紅茶の話でした。。
以前近くのスーパーでえいこく屋の紅茶を見かけたことがあったので行ってみましたがありませんでした。そもそもリーフがほとんど売られていません。
えいこく屋へ行くまでのつなぎにトワイニングのオレンジペコ(カートン)を買いました。
昔々はよく飲んだのでちょうどその紅茶缶が家にあります。
今は違う茶葉を入れているのでそれを別の缶に移し、買ってきた茶葉を入れました。

トワイニング オレンジペコ 缶
昔の型の缶です。
この型もいろいろマイナーチェンジがありました。
「FOR OVER 270 YEARS」とあるので30年くらい前に買った紅茶の缶ですね
えいこく屋さんの商品はほとんどがカートンですので家にあるこういった紅茶缶が重宝します。
このころはトワイニングも時々買っていたので缶がいろいろありましたが、たまってしまい随分捨てました。

残っている缶の中にとても珍しい缶があります。(多分)
トワイニングのラプサンスーチョン(正山小種)です。
今はネットなどでもあちこちで見かけるlapsang souchongですが、その頃はほとんど知られていませんでした。そして、トワイニングはラプサンスーチョンを日本で正規に販売していなかったと思います。

トワイニング ラプサンスーチョン 缶画像は明るめですが、もう少し暗いあずき色です。渋いね

ご存知の方もみえると思いますが、味がものすごく独特です。
正露丸に近い
非常に好みの分かれる味ですが、私は大好きです
クセになります


実はリーフが少しだけ残してあるのですtwining lapsang souchong can&leaf
当然酸化して黒っぽくなっちゃって味もひどいですが、なんか残しておきたいんですよね
おかしいかナ

「FOR OVER 260 YEARS」とあるので、40年ぐらい前の缶ですね。もっとも新しく見積もっても1975年製造私が紅茶を買い得る最初の年ですねぇ。。
いつ買ったかは覚えていませんが、買った場所は名古屋駅の輸入食品店でした。
表面が鏡面仕上げのようにつるつるの缶は古い型です。そして4オンス113gの缶はこの後に出てくる缶より一回り大きいです。

かなり希少な缶だと思います。

買ってきたトワイニングのオレンジペコは、オレンジペコなのにダストのような茶葉でした






| 紅茶・中国茶・日本茶 | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
LUPICIAの紅茶とバラの花束…
お誕生日に頂きました。
友達から
LUPICIAの紅茶セットとストール

LUPICIA 紅茶ギフト

LUPICIA 茶葉+ローズYUMEと命名された紅茶はバラの固いつぼみがごろごろ入った甘い香りのフレーパーティ
(右の画像は つぼみの割合がちょっと多すぎ)
北欧紅茶みたいな感じですね。
茶葉も私好みです
早速いただきました。
私の好きなおとなしい味に、フルーティな甘い香り
やっぱり北欧紅茶に似ています

それから、フレグランスのようなおしゃれなビンの蜂蜜
tea honey。。紅茶も入っているようです
早くいただきたいけれど、開けるのもったいない

そしてかわいいブーケもついて、とても素敵なセットになっています

ストールは私好みの色合いと透け感  私の好みをよくご存知ですねー
uvカットで実用的です

素敵なプレゼントをありがとうね

家族から
バラの花束

バラ ギフトステキ〜
感動モノです
うれしいっ
ありがと
 薔薇 プレゼント

紅茶に薔薇偶然ですが、なんと英国っぽいこと

ついでに()チロルチョコもありがとうチロルチョコ


他にもお祝いメッセージなどいただき、幸せな気持ちでいっぱいです。
皆さん、ありがとうございました





| 紅茶・中国茶・日本茶 | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
川根新茶
主人は静岡の川根出身で、子供の頃は自家の製茶工場・茶部屋を遊び場にしてよく怒られたそうです。
先日十数年ぶりに家にいらしていただいた親戚も 川根の方々が多く、川根茶の新茶をいただきましたので早速開けました。

川根新茶 茶葉川根茶もいろいろあるかもしれませんが、私が知っている川根茶はいつも非常に「より」が細くて見るからに良いお茶です。

時々このブログで話題にする紅茶も 細くしっかり撚られたルフナの茶葉が好きな私ですので、この川根茶はその意味でも私の好みぴったりです。

独身の頃は紅茶ばかり飲んでいて日本茶には興味がなかった私も、結婚して川根茶を知ってから、お茶のおいしさがちょっとわかったような気がします。

久しぶりに川根茶を(しかも新茶で)いただき、おいしさに小さな幸せを感じます

川根新茶 蒸らし
お湯を注いだ新茶の茶葉はとっても瑞々しい黄緑の発色で、ふわっふわの柔らかさです

 川根新茶 水色
お茶の水色は濃くないですが、上品ながらしっかりした味はニ煎目もおいしくいただけます。

しばらくの間 紅茶よりも新茶の出番が多くなりそうです

川根の親戚に感謝





| 紅茶・中国茶・日本茶 | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
えいこく屋 Dharamsala T.E (ダラムサラ茶園)
えいこく屋は名古屋市千種区覚王山にある紅茶専門店です。
30年ぐらい通っていますがいつも行くたびに新しい紅茶との出会いがあります。
(定番アイテムが多い上に新しいものが入っているので)

今日は珍しくダージリンを買ってみました。前にも記事に書きましたがダージリンの青渋い味と香りがちょっと苦手ですのでほとんど買ったことがありませんでした。

kangra valley -Dharamsala T.E.-  first flush

チベットの亡命政権が置かれダライ・ラマが居住していることでダラムサラという地名は知っていました。
茶園は標高900m〜1500mにあるそうです。
お店で香りを聞かせてもらいましたが、ダージリン特有の青く渋い香りはおさえられ、爽やか。「蒸らすと甘味が出る」と言う言葉に惹かれました
ハンドメイド(手摘み・手揉み)の茶葉です。

dharamsala T.E.茶葉茶葉がとても大きい。


えいこく屋 dharamsala T.E.色も青いし日本の緑茶みたい。

dharamsala T.E.開茶葉淹れた後の茶葉。
新芽そのまんま



えいこく屋 dharamsala T.E.水色
4分以上蒸らしてもこの明るい色

期待しすぎた甘味はかすかでしたが、ダージリンで「いい」と思ったのは初めてかもしれません。


ディディエ (Didier)キャラメルバナナロール  ディディエ (Didier)いちじくロール
アプリコットタルトディディエ(Didier)のロールケーキとごっぱちさん手作りのアプリコットタルトで素敵なティータイム。

ごっぱちさん、うまいこと作りましたねぇ。




ラベルを作って缶に貼りました。

えいこく屋 dharamsala T.E.ラベル紅茶のラベルはジャムなどのラベルと違ってモノクロが似合う気がしました。

| 紅茶・中国茶・日本茶 | 23:19 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
茉莉花茶 出水芙蓉(ジャスミンちゃ しゅっすいふよう)
娘の引越しの時 家に置いていった工芸茶が残してあったので娘と一緒に楽しみました。
茉莉花茶 出水芙蓉。

ジャスミン茶 出水芙蓉1ジャスミン茶 出水芙蓉2

相変わらずエイリアンのようなものすごい広がりようです。
味は普通のジャスミンですが、茶葉が広がっていく様子を2人で眺めながらすごすのが楽しいです。
| 紅茶・中国茶・日本茶 | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
えいこく屋 2010セイロンティー・オークション品入荷 
スリランカ大使館の主催による「紅茶貿易総会およびチャリティーオークション」は、日本国内でスリランカの紅茶を大量に輸入している人(会社)を招いて行われ、えいこく屋さんも招待されました。今回のオークションではスリランカの7つの産地から40茶園がpick upされ、更にそこから厳選された茶園のお茶が出品されたそうです。
えいこく屋 オークション落札teaそのうち、えいこく屋さんは9種類を落札し、更に落札できなかったけれど入荷できたものも含めて今お店で販売しています。
たまたまお店に伺ってそのような一連の事柄を初めて知りました。
希少な紅茶もあり、限定購入品ですので、めぐり合えて大変luckyでした

サンプルの茶葉を見たり香りをかいだりして、私の好み(と思われる物)を3品買いました。
えいこく屋 オークションtea左から
UDA Pussellawa(ウダ プッセラワ)のMAHA UBA(マハ ウバ)茶園、FBOP
 まず、UDAという産地を初めて聞きました(えいこく屋にないもの=知らないもの)。ヌワラエリヤとウバの間にあるのでhigh grown(高地産)ですね。とても小さな地域らしいです。
Ruhuna (ルフナ)のLUMBINI (ルンビニ)T.E、BOPF1
ルフナの細く黒い茶葉がとても好きです。サンプルからも間違いなく私好み。
これは落札できなかったのでオークション会場に居合わせたMr.Chamindaさんが送ってくれた希少な茶葉だそうです。(パッケージ説明文より)
Sabaragamuwa(サバラガムワ)の NAWALAKANDA (ナワラカンダ)T.E、FBOPF Ex.Sp
Sabaragamuwaも初めて聞いた産地です(えいこく屋にないもの=知らないもの)。ルフナも確かサバラガムワ州にかかっていたと思いますのでここはlow grownですね。ゴールデンチップがすごく多い。

値段はどれも70g¥1,260です。非常に良心的だと思います。

帰宅後二箱あけました。

えいこく屋 オークションUDA えいこく屋 オークションRuhuna LUMBINI T.E
UDA(左)は隣接するヌワラエリヤのような青さも少なく、ウバに近い感じです。ヌワラエリヤよりウバが断然好きな私に合い、とてもよい香りがします。
Ruhuna LUMBINIはルフナらしい、黒くて撚り(ローリング)がしっかりしたお茶で、味もルフナらしく独特。
今まで飲んだいろいろな国のいろいろな産地の中で、多分ルフナが一番好きです。

 
| 紅茶・中国茶・日本茶 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
中国茶 / 茉莉花(ジャスミン)茶 金元宝
 娘と 中国茶で午後のティータイム。
茉莉花茶 金元宝。工芸茶です。
中国茶 金元宝花を中心に、細長い新茶の葉で包むように形作ってあります。お湯を注ぐと開いて中から花が現れます。
渋皮のついた栗の実みたいです。大きさもそれくらい。


中国茶 金元宝1

中国茶 金元宝2

中国茶 金元宝3

中国茶 金元宝4

中国茶 金元宝5

中国茶 金元宝6

中国茶 金元宝7 きれいに開きました。
中国茶 金元宝7-上花は、ジャスミンと千日紅です。香りも素敵。

中国茶 金元宝開いた茶葉と花




| 紅茶・中国茶・日本茶 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
茉莉花龍珠(ジャスミンティー)
4月にえいこく屋で買ってからすっかりはまっています。ジャスミン茶。
えいこく屋のジャスミンティーは「茉莉龍珠(まつりりゅうじゅ)」と書いてありますが、「茉莉龍珠」という名もよく聞かれます。(同じものだと思っていますが違うのかな)中国読みでは「ムーレィファーロンジュ」と言います。
ジャスミン茶の缶を開けるだけでいい香りがいっきに漂い、幸せな気分になります

えいこく屋 ジャスミンティー

やわらかい新芽の茶葉をジャスミンの花と混ぜて香りを移し、取り出した茶葉をいくつかまとめて手作業で丸めたものです。お湯を注ぐとだんだんほぐれて開きます。
ジャスミンティー1 カップに丸い茶葉を入れる

ジャスミンティー2 お湯を注ぐ

ジャスミンティー3 1分後。ほぐれてきた

ジャスミンティー4 3分後

ジャスミンティー5 4分後

ジャスミンティー6 8分後

いつもは耐熱ガラスのカップで茶葉の開く様子を楽しみながら頂いています。
写真を撮るためずっと置きっ放しにしましたが、3分くらいで飲めます。またお湯を足して味がなくなるまで4~5回飲めます。沸騰したお湯で淹れてしまうとすぐに開いてしまって味の変化も楽しめませんので、少し冷ましたお湯で淹れると長く美味しく楽しめます。
(でも、沸騰したお湯を注ぐと一気にほぐれて開くその様子は、エイリアンが目覚めて成長するようで、気持ち悪くもあり面白くもあります)

ジャスミンティー7 5杯目。すっかり開き、味も出し切りました


ジャスミンティーにもいろいろあり、普通の茶葉に人工的な香りをつけたものは論外としても、丸めずに香りがついているものから もっとたくさんの茶葉を1つに縛ったもの、さらに花をその中に包んでお湯を注ぐと美しい花が現れる「工芸茶」などあります。ジャスミン以外にもきんもくせい茶など、同じ手法で違った香りもあり、いろいろな種類が楽しめます。
また、香りを移すためジャスミンの花を何度も取り替えますが、取り替えた回数が多いほど当然香りも強くお値段も高くなります。
上のえいこく屋の大袋は250gで¥2,500です。香りもよいしとてもお値打ちだと思います。


| 紅茶・中国茶・日本茶 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
えいこく屋に行きました。
JUGEMテーマ:名古屋グルメ
  …昨日の続き… 名古屋市千種区覚王山の「えいこく屋」は紅茶専門店です。ここで紅茶を買い始めて〇十年。 結婚して家からちょっと遠くなった今も年に何回か訪れて買いだめをします。けれど隣に続く「えいこく屋」(インド料理・カレー店)は今まで2~3回位しか入ったことがありません。今日は久しぶりに入っておいしいナン&カレーをいただきました。

えいこく屋 ナン・ライス&カレー

 私の注文は 小エビのカレー(画像左¥650)とナン(¥390)。 一緒に行った彼の注文はチキン・ド・ピアザ(チキンと揚げ玉ねぎのカレー¥850)とライス(サフラン?¥220)。インド人のシェフが本場の腕を振るっています。

 ナンが大きいのでカレーが少なく見えますがおなかいっぱいになります。食後に紅茶を頂き、満足 

店内は木が主体で、明るさを落としいい雰囲気が出ています。ファサードからは想像できないほど奥に長い(増築を重ねた?)ユニークなお店です(オーナーさんの性格がよく出ています)。隠れ家のようでとってもくつろげます。 もちろん紅茶のメニューもバラエティ豊かです。

 オーナーの荒川さんに初めてお会いした時私はまだ学生でしたので「おじさん」と呼んでしまい、以後ずっと「おじさん」です。スミマセン

えいこく屋 (カレー店)

おいしい食事をいただいて、次は隣の紅茶売場へ。

 数え切れない種類の紅茶がずらりと並んでいます。(運がよいとおじさんに会えます)。紅茶のことは、店員さんに聞けばとても親切に対応してくれます。彼女はホントに何でも知っています。

今日はいつもの定番を買った後彼女にオススメを聞き、ネパールのお茶を買いました。これはnepal ジュンチャバリ茶園のお茶で地理的にもダージリンに近い味です。ダージリンの青苦い味があまり好みでないことを 彼女はよく承知でこれを私に薦めるのです。確かにダージリンに近いけれど青臭さがなく、ちょっとキーモンに似たさっぱりした味です。結構好きです。しかもお値打ち(250gで¥2,500…税抜き) そして彼女がこれを薦める理由がもう1つありました。 
 ネパールの(この?)茶園はこれまで紅茶の生産をビジネスライクに考えず、効率・品質もできるに任せる状態だったところに華僑の人が介入して管理した結果、おいしい茶葉が採れるようになったそうです。ダージリン地方と違い今まで園地を酷使していなかったので、土地が肥沃でおいしい茶ができるそうです。

 彼女の興味深い話を聞くのも、ここへ来る楽しみの1つです。

えいこく屋 店内1

えいこく屋 ハーブ

紅茶の他にハーブも数多く取り揃えています。値段もわりとリーズナブルです。

全国的に有名になっても店構えやパッケージが全然洗練されないところがおじさんらしくて好きですね。
| 紅茶・中国茶・日本茶 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SPONSORED LINKS

CATEGORIES

SELECTED ENTRIES

LINKS

PROFILE

じゅーーすにメッセージを送る

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

食べログ

MOBILE

qrcode

SEARCH